長寿遺伝子

老化防止のエイジングケアサプリメント

アンチエイジングの強い味方となる成分として、今、レスベラトロールが話題となっています。

 

 

人間をはじめ、生き物はみな、年齢を重ねるごとに老化していきます。
これは当たり前のこととして認識されていますが、なぜ老化は起こるのでしょうか?

 

 

皮膚の下で新しい細胞が生まれ、少しずつ表皮の方に押し上げられ、やがて不要な角質となって剥がれ落ちてゆく…
こうしてどんどん細胞が入れ替わっているなら、古くなるはずはないのでは?とは思いませんか?

 

 

実は、老化とは、遺伝子の傷が原因となって起こる肉体の変化のことなのです。

 

 

細胞の中には遺伝子が存在しますが、活性酸素や紫外線の影響で傷がついてしまうことがあります。

 

 

その遺伝子の傷は、細胞分裂の際に引き継がれていってしまうので、細胞の中の遺伝子には傷がどんどん蓄積されてゆき、やがては細胞が本来の機能を果たさなくなるのです。

 

 

しかし、その一方で、遺伝子を傷から守り、老化のスピードを遅らせる存在もあります。
それは「長寿遺伝子」です。

 

 

長寿遺伝子は誰でも持っているものですが、きちんと働いているかどうかは個人差があります。

 

 

長寿遺伝子が上手く働かないと遺伝子は傷つくばかりで、どんどん老化していってしまい、逆に、しっかりと機能していれば、老化のスピードを遅らせることができるのです。

 

 

その長寿遺伝子の働きを活性化させる作用があることで、今、注目を集めているのが『レスベラトロール』なのです。